「カッティング・ジ・エーセス」”Cutting the Aces” by Dai Vernon 巨匠ダイ・バーノンの傑作カードマジック

4枚のエース

ダイ・バーノンによるギャンブルをテーマとしたカードマジックの傑作、「カッティング・ジ・エーセス」を紹介します。

 

この作品は、名著”Stars of Magic”に発表されたもので、バーノンの代表作のひとつです。

とくに、現在でも基本技法のひとつとして重要な「ダブル・カット」を世に出した作品としても有名です。

 

その後ダブル・カットが一人歩きし、安易なカードコントロールの手段として定着してしまったことから、バーノンはダブル・カットを発表するのではなかったと後悔したそうです。

しかしこの技法の原点とも言えるカッティング・ジ・エーセスでは、ダブル・カットは実に効果的な使い方をされていますね。

 

カッティング・ジ・エーセスの現象

ギャンブラーがいかに完璧にカードをコントロールするかという技術のデモンストレーションとして、4枚のエースを使います。

4つに分けたパケットにエースを混ぜてゆき、まったくエースの位置の手がかりが無いように見える状態で、”片手のみで”エースを次々に取り出してゆきます。

4枚目は失敗したかに見えますが、実はサッカートリック(失敗したと思わせて、意表をついた結果になるマジック)となっており、エースはカードが示した枚数目から出現します。

 

カッティング・ジ・エーセスの演技(カードマジック事典版)

では、私が演じる「カッティング・ジ・エーセス」の動画をご覧下さい。

この記事は、「カードマジック事典」で学ぶ人の助けになることも意図していますので、なるべくアレンジを加えずに、カードマジック事典の解説の通りにやっています。

 

今回動画にするにあたってカードマジック事典を読み返したのですが、まったく見落としていた手順がありました。

3枚目のエースを混ぜる前に、デックの状態を再確認する部分です。

長年慣れ親しんでいるマジックでも、たまに読み返すとこういうことがあります。

 

これはカードマジック事典の解説に沿ったものですが、基本的に”Stars of Magic”に発表されたものと同じです。

カードマジック事典の解説で1箇所分かりにくいというか、説明不足だと思ったのが、4枚目のエースを置いた後の操作ですね。

カードマジック事典では、ボトム1枚にブレークがある状態で単に「ダブルカットして~」となっていますが、これは初心者の方は戸惑うでしょう。

 

ダブルカットを行うのは、ブレークから下に一定量のパケットが無いといけませんから、まずシングルカットを行ってから、ダブルカットをするという操作になるでしょう。動画の私の演技はそのようになっていますので、事典でわかりにくいと感じた方は参考になさってください。

 

また、カードマジック事典では全体がくずれないフォールスシャッフルをする、となっていますが、実際にはトップとボトム付近以外のデックの大部分はシャッフルしても大丈夫です。

変に完全なフォールスシャッフルやフォールスカットを行うよりも、このような考えで実際にシャッフルしたほうが不思議に見えると思います。

 

あとカードマジック事典に書いてない注意事項と言いますか、ポイントとしては、最初に混ぜ込むエースはスペードのエースにしたほうがよいと思います。

なぜならば、これが最後に出てくるエースだからです。

マジックのクライマックスの最大の盛り上がりの部分で出てくるエースは、やっぱりスペードがふさわしいと思いませんか?

 

あと一応、最初に並べるエースの順番を黒・黒・赤・赤にすれば、後半のカットで出てくる順番が赤・黒・赤・黒になりますので、わたしはそうするように意識しています。

まあ些細なことかも知れませんが。

 

カッティング・ジ・エーセスとの出会い

わたしがダイ・バーノンのカッティング・ジ・エーセスを初めて知ったのは、確か高木重朗氏の「トリックの心理学」という本ではなかったかなと思います。(もしかしたら同シリーズの「魔法の心理学」かも知れません。)

 

高木氏が少年の頃、マジックが趣味の米軍兵士と交流する機会があり、その人に見せてもらったカードマジックの中で印象に残ったものが、カッティング・ジ・エーセスだったそうです。

とくにラストの、失敗に見せかけて実はさらに上をいく策略をめぐらせていた、という結末は、その頃の高木少年にとっては新鮮な驚きであったようです。

 

わたしもまだ本格的なカードマジックなどやっていなかった頃ですから、高木氏の文章を読みながら、いったいどのようなマジックで、どういう方法を使うのだろうか?と想像をふくらませたものです。

 

その後カードマジック事典という本にこれが掲載されていることを知り、本を入手して真っ先に覚えたのはこのカッティング・ジ・エーセスだったのです。

 

後にバーノン自身の別案や、その他のマジシャンによるバリエーションを知り、自分で演じている手順内容はカードマジック事典のものとは変わりましたが、このマジックそのものはずっと愛用しているレパートリーのひとつです。

 

カッティング・ジ・エーセスのオリジナルバージョン

Stars of Magicに発表されたカッティング・ジ・エーセスですが、実はこの本に載る以前のオリジナルバージョンが存在します。

以下、私によるその手順の演技動画です。

現在私が主にレパートリーとしているのは、こちらのバージョンです。

 

このオリジナル手順では、エースを混ぜ込む部分で全てシングル・カットを行い、その後の操作もよりディセプティブな、混ざった印象を与えるものとなっています。

“Stars of Magic”はプロや専門家向けというよりは、どちらかと言えばマジックの入門者やライトなアマチュアを対象に、本格的なマジックの世界へ導くものとして書かれました。

 

Vernon Chronicles Vol.1

したがって、このマジックの原案はそういった想定読者には難しすぎると判断されたようです。

そしてライトな読者のためにバーノンがあえて考案したのが、現在メジャーになっている、ダブル・カットを使ったバージョンなのです。

 

このオリジナルバージョンは、Vernon Chronicles Vol.1という洋書に解説されています。

“The Unadulterated Cutting the Aces”という題名で掲載されています。Unadulteratedとは、「混ぜ物のない」といった意味です。

ということは、Stars of Magicのバージョンは不純物ありということですかね^^;

いずれにしても、バーノン自身が気に入っていたのはこのオリジナルバージョンのようです。

 

他にも、”Five Coins and Glass”や、フレッド・カップスも愛用した”Silk and Silver”といった傑作も解説されていますので、英語に抵抗の無い方は手に入れて損の無い本です。

 

カッティング・ジ・エーセスのセリフ

カッティング・ジ・エーセスは元々、若く血気盛んなマジシャンが、年老いた片腕の凄腕ギャンブラーに挑戦する、といったストーリーが付加されています。

現代の日本ではなかなかそのまま使いにくく、使えたとしても人やシチュエーションを選ぶストーリーですが、このマジックに合った面白い物語です。

 

ご自分のキャラクターに合った内容に脚色するベースともなると思いますので、Stars of Magicよりセリフの部分だけ引用しておきます。

» この部分の記事を読むにはログインが必要です。
メンバーでない方は登録申請をお願いします。

 

カッティング・ジ・エーセスを学べる本

カッティング・ジ・エーセスは、東京堂出版から出ている「カードマジック事典」で学ぶことが出来ます。

209ページに掲載されている、「Aの出現」という作品がそうです。

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (3 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • いちしげ
    • 2012年 12月 25日

    リベレーションズの劇中でバーノンさんの指導の下、スティーブ・フリーマンさんがカッティング・エーセスを演じられていますが、クライマックスでPMしたカードを手の甲ごとナイフで突き刺す演出をしていましたが、これは原案のバリエーションなのでしょうか?

      • Shanla Type2
      • 2012年 12月 26日

      元々スターズ・オブ・マジックに掲載されているセリフ例のストーリーが、そのような演出となっています。

      4枚目のエースが○○枚目にある、とギャンブラーが宣言し、それに従って若いマジシャンがカードを配ります。
      そこでマジシャンはギャンブラーの目を盗んでイカサマを行い、Aが出てくるはずの枚数目のカードをPMして隠し持ってしまいます。
      この状態でマジシャンは「ここにはエースはない。1000ドル賭けてもよい。」と宣言するのです。
      しかしギャンブラーはマジシャンによるPMを見破り、いきなり指の間からナイフでカードを突き刺します。

      そして実は、このイカサマは当のギャンブラー自身も若かりし頃に犯した過ちであり、今回の若いマジシャンほどには運が良くなかったので、自分は片腕になってしまったのだ、というオチです。

      一度この演出で大真面目にカッティング・ジ・エーセスを演じてみたいものです。

    • いちしげ
    • 2012年 12月 26日

    なるほど。
    たしかに一度はこの演出でカッティング・ジ・エーセスを演じてみたいです。
    ありがとうございました。

    • kinngutakyanonnspa
    • 2013年 6月 23日

    セリフ観ることができました。
    ありがとうございました。

      • Shanla Type2
      • 2013年 6月 24日

      それはよかったです^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • 【衝撃】ドラッグ使用時の方が「正気」であったことが判明! 哲学者「通常こそ幻覚。ドラッグで真理に至る」 https://t.co/vEjS447bIz   ちょっとスピリチュアルに傾いている感はあるが、面白い話。眼前に見えている世界がいわゆる真実でない可能性は高いと思う。
    about 6日 ago
  • @luckyluckydog ありがとうございます!布のほうに寄せて固定してはいるつもりですが、爪は使っていませんでした。指の腹で押さえていました。 今度試してみます。
    about 7日 ago
  • 超~~久しぶりに裁縫(ボタン付け)したけど、やっぱり相変わらず最後の玉止めは生地から離れたところに出来てしまう。
    about 1週間 ago

メルマガ登録

当サイトでは、記事の更新情報を週に一度、無料でメール配信しております。ご希望の方は以下からご登録ください。


 

ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き