「テーブル・リフルシャッフルでのフォールス・シャッフル」False Shuffle Sequence

テーブルリフルシャッフル

テーブル・リフルシャッフルのポジションで行うフォールスシャッフルの動画を作成しましたので公開します。

フォールス・シャッフルとは、混ぜたように見せて、実は混ざっていないという、偽のシャッフルの総称です。

 

このスタイルのシャッフルは、主にポーカーその他のギャンブルテクニックを見せる手順でよく使われます。

が、そのほかにも、デックを横向きにテーブルに置いた、いわゆるテーブルリフルシャッフルのポジションで演じるマジックは結構多いです。

主なものに、トライアンフ、ロールオーバーエーセスなどなど。

 

こういった系統のフォールスシャッフル、フォールスカットを身につけておくと、そこそこ便利に使えます。

 

テーブル・リフルシャッフルでのフォールス・シャッフル

この動画を作成してみようと思ったきっかけは、最近プッシュ・スルー・シャッフルのパケットのずれ量を、できるだけ最小限にする練習をしていまして、割と自分でもいい感じになってきたように思えたので、アップしてみたわけです。

 

また、このサイトはカードマジック事典などの書籍で学ぶ人の理解を助けるためのネットリソースでもありたいと思っておりますので、そういう目的も一応は含まれて居ます。

カードマジック事典に載っているプッシュ・スルー・シャッフルの解説とか、申し訳ないですが分かりにくいことこの上ないですからね^^;

 

では、私のフォールスシャッフル練習風景を撮った動画をご覧下さい。

 

 

とりあえずやっている内容を順番に解説させていただきますと、最初にアップ・ザ・ラダーカット、次にストリップ・アウト・シャッフル(プル・アウト・シャッフル)を2回、そしてプッシュ・スルー・シャッフル(プル・スルー・シャッフル)を3回と、続けてトライアンフ・シャッフルを2シークエンスやっています。

2度目のトライアンフ・シャッフルシークエンスの最後は、ザロー・シャッフルに繋げています。

そしてまたアップ・ザ・ラダー・カットを行い、スリップカットからザロー・シャッフルを行った後、最後にマイケル・スキナーのフォールス・ランニングカットを行っています。

 

改めてみてみると、ザローシャッフルがちょっとイマイチかも。

 

各シャッフルのつなぎには、それぞれ軽くアップ・ザ・ラダー・カットを入れています。

トライアンフ・シャッフルは通常はフルデックのフォールスシャッフルとしては紹介されていませんが、2回繰り返すことによってトップカードが元の位置に戻り、フルデックの保持に使用できます。

 

まあ、普通のカードマジック手順ではここまでがっつりフォールスシャッフルすることは無いでしょうけどね。

やるとしたら、ものすごく何度もシャッフルしたにも関わらず、混ざっていないよ、ということを示してみせるような、ギャンブリング・デモンストレーションの手順になるでしょう。

 

個々のフォールス・シャッフルについては、いずれはこのサイトでもやり方を詳しく解説する機会も設けたいと考えていますが、今回は軽い紹介にとどめておきます。

 

この技法を学ぶことの出来る本など

プッシュ・スルー・シャッフル、ザロー・シャッフル、トライアンフ・シャッフルについては、多くの本に解説されています。

主なものに、「カードマジック事典」、「カードカレッジ第3巻」などがあります。

解説はカードマジック事典よりも、カードカレッジのほうが詳細です。

ストリップ・アウト・シャッフルはカードマジック事典に解説されています。洋書の、「Expert Card Technique」も詳細でよい解説です。

アップ・ザ・ラダー・カットは、「カードカレッジ第2巻」に解説されています。

マイケル・スキナーのフォールスカットは、書籍の解説は存じ上げませんが、Bill Maloneがよく用いており、彼のDVDで学ぶことが出来ます。

「On the Loose」、「Sam the Bellhop」など。

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (7 投票, 平均値/最大値: 4.43 / 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • 仮想通貨がコモディティだと言われるとかなり違和感があるが、値動きからするとその位置づけなのか。なるほど。 他資産クラスとの相関傾向を測るには、まだまだ時期尚早だろうけど、3%くらいなら持っておいたほうが良い気がしてきた。 https://t.co/d0BQ1sN4Gb
    about 3か月 ago
  • >RT 翻訳も英会話も(あるいは、他の言語でも)AIで十分、という時代がもうすぐ来るのでしょうね。 建築設計だって、建築基準法とユーザーの使い勝手を満足した普通のデザインの建物だったら、AIで十分ということになりそうです。
    about 3か月 ago
  • @nijuoti 確かに上手い人が多いです。 止められないのは事実ですけど、わたしは実は悪い影響ばかりではないし、これはこれで今後のマジックの在り方なのかもしれないとは思っています。 でも心情的には諸手を挙げて賛成できないのは、私ももはや古い世代の人間なのか。
    about 3か月 ago
ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き