「カードマジック事典」のアルファベット名称を含む目次

カードマジック事典

「カードマジック事典」は数々の傑作カードマジックが現象別に整理されている点が他の書籍には無い画期的な点です。
カードマジックに限らず、手品の命名の仕方には、分類学的な側面もありますから、現象に目を向けた整理は有意義なことです。

しかしこの本の唯一の欠点というべきでしょうか、目次が日本語の題名のみで、読みたい手品作品があっても、英語の題名からは探すことができないのです。

そこで、日本語の目次にアルファベット題名と作者名を付けた目次を作成しました。
カードマジック事典を読む際の参考にしてください。
当サイトで個別記事として取り上げた作品については、順次このページからリンクを貼ってゆきます。

また、作品の50音順、アルファベット順、作者別の索引については、LILIPUTさんのサイトにありますので、そちらも参考にどうぞ。

 

1.カード当てのマジック

(1)ごく普通に当てるカード

あなたは赤いカードを選ぶ①(Slim Chance)
あなたは赤いカードを選ぶ②(You Will Take a Red Card)
ワイキキ・カード・ロケーション(Wikiki Card Location)
シャフルしても当たるカード(Any Deck Any Time)
次々に当たる4枚のカード(Impossivle Pick up)
二度目に当てるカード(The Second-Guess Card Trick/Paul Rosini)
ガイガー・カウンター・カード(Geiger Counter Card Trick/John Cornelius)
2枚のカードとコイン(The Duplex Mind)
サンドイッチ・スプレッド(SandWich Spread/Peter Warlock)

(2)指先で当てるカード

指先で当てるカード①(Hocus Pocus/Eddie Joseph)
指先で当てるカード②(Second Sight)
指先で当てるカード③(Sensitive FingerTrips/Jack Avis)
指先で当てるカード④(Impossivle Location)
ポケットから取り出して当てるカード(Out of Sight)
客のカードを当てるジョーカー(Whispering Joker)
紙袋の中のカード(It’s in the Bag)
デックの消失(Deck Vanish/Al Baker)

(3)声で当てるカード

声で当てるカード(No-Clue Discovery)
テレパシー(Telepathy)
うそ発見器(Lie Detector)
電話で当てるカード1(Magic by Proxy/Gerald Kosky)
電話で当てるカード2(Long Distance/Audley Walsh)
電話で当てるカード3(The Phone Miracle/J.G.Thompson Jr.)

(4)枚数目で当てるカード

探偵カード①(Detective Story)
探偵カード②(Uner Cover Agent)
姓名で当てるカード(Name that Card)
配っていって当てるカード(Deal Away)
FBIカード(FBI Card Trick)
客の選んだ枚数目から現れるカード(A Card and a Number)
枚数目のリクエスト(Number Please)
心に浮かんだ数(Fidgety Digit)
マッチで当てるカード(Matching Matches)
13枚のカード(The Magic Thirteen)
カリキュレーター・カード(Calculator Cards/Richard Himber)
カットして当てるカード(The Controlled Cut)
ダイスの示すカード1(Blind Dice #1/Kuda Bux)
ダイスの示すカード2(Blind Dice #2)

(5)ストップによって当てるカード

ストップカード①(Stop Card/Max Katz)
ストップカード②(The Stop Trick/Ted. Annemann)
テーブルの下で当てるカード(Mental Miracl)
客の思った枚数(Thought Speller)

(6)サンドイッチで当てるカード

Aのサンドイッチ①(Trapped)
Aのサンドイッチ②(Quick As a Wink)
Aの間のカード(A-X-A)
Aのサンドイッチ(Ace Sandwich/AL Leech)
コレクターズ(Collectors/Derek Dingle)

(7)ひっくり返って当たるカード

ひっくり返るカード(Knock Out Card)
ひっくり返る2人のカード(Topsy-Turvy,Double Reverse)
トライアンフ(triumph)

(8)飛び出すカード

ライジング・カード①(Rising Cards)
ライジング・カード②(Rising Card/Ken Krenzel)
飛び出すジョーカー(Jumping Joker)
飛び出すカード(The Jumping Card/Marconick)

(9)差し込んで当てるカード

差し込んで当てるカード①(Card Stab/Max Malini)
差し込んで当てるカード②(That Certain Stab/Lewis Ganson)
差し込んで当てるカード③(Stabbed in the Pack/John benzais)

(10)変化して当たるカード

2人の客のカード(The Blue Phantom/Roy Walton)
ジョーカーが当てるカード(The Joker Knows/Ted. Annemann)
色の変わるデック①(Color Changing Deck/Paul Curry)
色の変わるデック②(Double Color Changing Deck/Derek Dingle)
どこにもあってどこにもないカード①(Everywhere and Nowhere/J.N.hofzinser)
どこにもあってどこにもないカード② (Quick Three Ways/Edward Marlo)
変化するカード(なし/Dai Vernon)
客のカードと入れかわるA(Tell Tale Aces/Larry Jennings)

(11)予言によって当てるカード

13(-)
予言カード(Pocket Prediction/Rufus Steele)
封筒による二重の予言(Double Prophet)
あなたは赤いカードを選ぶ(Ten Chance Prediction)
スペルの予言(Spello)
予言どおりに現れるA(Naming the Aces)
枚数によって選んだカードの予言(O Henry Card Trick)
郵送された予言(Signed, Sealed, and Delivered)
クラブの3 1/2(The 3 1/2 of Clubs)
予感(Premonition/Eddie Joseph)

(12)他の超能力で当てるカード

裏から見て当てるカード①(Cardiograph)
裏から見て当てるカード②(Z-Ray)
客のささやいた数(Figuratively Speaking)
カードの読心術①(Out of Sight-Out of Mind)
カードの読心術②(Twentieth Century Mind Reading)
カードの暗算(Computer Mind/Ray Grismer)
Aの読心術(Think of An Ace)

(13)枚数を当てるカード

枚数を当てるカード(It’s a Computer)
数秘術(Personality/Bob Hummer)
枚数とカードを当てる(The Card Revealed/J.W.Sarles)

(14)その他

客が見つけるカード(The Lazy Magician)
ピストン・カード(Process of Elimination)
時計のカード(Time Clock)
3枚のカード(Beitched Switch)
選んだ数を当てるカード(Pre-Figured)
4枚の2(Deuces Wild)
現れるサイン(The Haunted Name)
2つの数による占い(Fairest One of All)
すばやいすりかえ(Switchcraft)
テーブルを通り抜けるカード(60 Seconds Flat)

 

2.カードが一致するマジック

(1)私のまねをしてごらん

私のまねをしてごらん①(Do as I Do)
私のまねをしてごらん②(Ultra Coincidence/Martin Gardner)
私のまねをしてごらん③(Automatic Mind Reading/Harry Lorayne)
私のまねをしてごらん④(Do as I Do)
私のまねをしてごらん⑤(Four Deuces)
Aの間のカード(Mental Mates)
三重の一致(Triple Coincidence/Triple Coincidence)

(2)そろって現れるカード

2人の選んだカード(Diamond Mine)
AとKの出現(Cutting the Aces)
ひょっこり現れる3(Pop-over Treys)
次々と一致していくカード(Coincidentally Yours)
差し込んだカードと一致するカード(Stabbed Coincidence/Larry Jennings)
オーストラリアン・エーセス(Australian Aces)
Aの出現①(Ace Bonanza)
Aの出現②(Emerald Isle Aces/Vernon-Ross-Lambert)
Aの出現③(Reaping the Aces)
マセマジシャン(Mathe-magician/Bill Simon)

(3)同時に現れるカード

同時に現れるカード①(Child’s Play)
同時に現れるカード②(Double Disclosure)
同時に現れるカード③(The Power of Thought/Paul Curry)
スパイと逆スパイ(Counterespionage)

(4)偶然の一致

一致するカード(Unseen Powers/J.Stewart Smith)
100万分の1の偶然(Million to One Chance/John Hamman)
ハンカチの中で一致するカード(Twins)
アンビリーバブル(Unbelievable/Michael Shields, Bascom Jones)
赤と黒(Out of this World/Paul Curry)
マグネティック・カラー(Magnetic Color/Norman Gilbreath)
仲の良いカード(Opposites Attract)

(5)その他

残った2枚(Togetherness)
三重の一致(Triple Coincidence/Al Leech)
裏表の枚数の一致(Tactility)
3人のカードの一致(Three on a Match)
ダイスとカード(Fate #2)
シンパセティック・カード(Sympathetic Card Trick/John Scarne)

 

3.カードが移動するマジック

(1)デック・パケット内で移動するカード

〔イ〕アンビシャス・カード
アンビシャス・カード①(Ambitious Card /Dai Vernon)
アンビシャス・カード②(Solid Deception)

〔ロ〕エレベーター・カード
エレベーター・カード①(Penetration/Edward Marlo)
エレベーター・カード②(Elevator Card/Bill Simon)
エレベーター・カード③(Elevator Card/Frank Garcia)
エレベーター・カード④(Elevator Card/Derek Dingle)

〔ハ〕水と油
水と油①(Oil and Water/Edward Marlo)
水と油②(Oil and Water/Dai Vernon)
水と油③(Ace to Ten Pazzle/Nick Trost)
水と油④(Oil and Queen/Roy Walton)
まざるカード(Anti Oil and Water/Elmer Biddle)

〔ニ〕その他
類は友を呼ぶ(Birds of a Feather)
すばやい移動(Rapid Transit)

(2)交換するパケット

〔イ〕リーダーに続け
リーダーに続け①(Follow the Reader/Edward Marlo)
リーダーに続け②(Follow the Reader/J. Stewart Smith)
リーダーに続け③(Follow the Reader)

〔ロ〕その他
ピアノトリック(Piano Trick)
二重の入れかえ(高木重朗)

(3)飛び移るカード

〔イ〕4枚のA
4枚のA①(Four Aces)
4枚のA②(Four Aces/Stanley Collins)
4枚のA③(Saturday Aces/Nick Trost)
4枚のA④(Aerodynamic Aces/Bruce Cervon)

〔ロ〕集まるカード
集まるカード①(The Four Aces/Wm. H. Ms. Caffray)
集まるカード②(The Queen’s Soiree/Dai Vernon)
集まるカード③(Meeting at the Summit/Albert Goshman)
集まるカード④(Four Cards Through a Newspaper/Albert Goshman)
集まるカード⑤(The Sequacious Spades/Jacob Daley)
集まるカード⑥(Thru and Thru/Derek Dingle)

〔ハ〕ポケットへ通うカード
ポケットへ通うカード①(Card to the Pocket/Cy Endfield)
ポケットへ通うカード②(Homing Card/Francis Carlyle)
ポケットへ通うカード③(Travellers/Dai Vernon)
ポケットへ通うカード④(Challenge Card to the Pocket/Larry Jennings)

〔ニ〕その他
入れかわるカード(Astro Twins)
飛行するカード(- /Derek Dingle)
封筒の中のカード(Cards in a Sealed Envelope/Paul Lepaul)

4.ギャンブルの形態のマジック

(1)ポーカー

〔イ〕ポーカー・デモンストレーション
ポーカー・デモンストレーション①(Poker Demonstration/Dai Vernon)
ポーカー・デモンストレーション②(Perpetual Motion Poker Routine/Bruce Cervon)
ポーカー・デモンストレーション③(Master Poker Demonstration/Derek Dingle)

〔ロ〕その他
ギャンブラーの失敗(Poker Expert Outdone/Sam Schwartz)
オートマチック・ポーカー(Automatic Poker)
ポーカーのレッスン(Lesson in Larceny)
幸運のストレート(The Three-Jacks Deal)

(2)その他のギャンブル

マジシャン対ギャンブラー(Magician vs. Gambler/Harry Lorayne)
Aの出現(Cutting the Aces/Dai Vernon)
ブリッジ必勝法(The Bridge Hustler)
スリー・カード・モンテ(Three Card Monte/Dai Vernon)
ダイスの示すカード(Fate #1)
Aのコントロール(Aces Up)
次はあなたのカード(A Sporting Proposition)

5.その他のカードマジック

鉛筆につくカード(Psychic Magnet)
オール・バック(All Back/Dai Vernon)

カードのシステム

消えていくA(The Apex Ace/Frank Garcia)
ジムナスティック・エーセス(The Gymnastic Aces/Paul Lepaul)
13のパズル(石田天海)
ひっくり返るA①(Twisting the Aces/Dai Vernon)
ひっくり返るA②(Maxi Twist/Roger Smith)
復活するカード(Hypnotique/Roger Crosthwaite)
リンキングカード①(Cardboard Conection/Paul Harris)
リンキングカード②(The Best Gosh Darn Impromptu Linking Card Effect You’ll Ever See/Harry Lorayne)

付録

Ⅱ パケット・トリック

ジャンボ・フィナーレ(Jumbo Finale/Nick Trost)
ダーティー・ディール(Dirty Deal/Bruce Cervon)
ファイブ・カード・ポルカ(Five Card Polka/Phil Goldstein)
ワイルドカード(Wild Card)

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (8 投票, 平均値/最大値: 4.63 / 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • 沖縄で結構な地震が!めずらしい…
    about 5日 ago
  • 「電話はかけてこないで」はあちゅうが考える新マナー Yahoo!ニュース https://t.co/CcOALnkhVh #Yahooニュース →電話のくだりは全く同感である。「確実に連絡が取れるように」と言って電話番号を求められることがあるが、私にとってはメールのほうが確実だ。
    about 6日 ago
  • これだけテレビやモニター技術が発達しているが、ベゼル幅ゼロとか折りたたみ可能ディスプレイというのは、まだまだ実現できないものなのかな。
    about 6日 ago

メルマガ登録

当サイトでは、記事の更新情報を週に一度、無料でメール配信しております。ご希望の方は以下からご登録ください。


 

ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き