「ファクシミリ」 “Facsimile” by Dr. Hiroshi Sawa 沢浩師の奇妙なクイッキーカードトリック

facsimile

沢浩師の作品、「ファクシミリ」という奇妙なカードマジックをご紹介します。

 

このマジックは「ラリー・ジェニングスのカードマジック入門」にも解説されているので、ご存知の方も多いかも知れません。

 

単純な現象ですが、ちょっと普通のカードマジックには無い奇妙な味わいのある、沢師ならではの小品マジックです。

 

ファクシミリの演技

では、わたしが演じるファクシミリの動画を作成してみましたので、ご覧下さい。

 

 

前振りがえらく長いのはお許しください^^;

 

現象は非常に単純で、デックの中に入れたカードが、瞬時に指先から出てくる。それだけです。

 

しかしこのマジックの奇妙な魅力は、指先にカードが出るタイミングの唐突さにあると思います。

普通に見ていると、カードをデックに差し込んだ後、デックを揃えるなりテーブルに置くなり、何らかのアクションがあると予想するでしょう。

そういう見方を裏切って、差し込んだ瞬間にいきなり出現するのは観客にとってかなり意外で、文章で読んだだけでは予想できないほど受けるマジックだと思います。

 

このような印象は、他のカードマジックでは使われないような技法の独特の応用方法によって達成されています。

沢師はこの技法を高く評価されており、このマジックのようなバックパームだけでなく、リバースさせる操作なども研究されていたそうです。

 

微弱電流を利用してカードを移動云々のセリフ、うそ臭いですけど、この奇術を演じるときは是非大真面目にこの説明をしてみてください。

何の説明も加えず、ただ単に差し込んだカードが一瞬で指先に移ります、というのを見せるだけでは、このマジックの魅力は半減するような気がします。

 

ファクシミリを覚えることの出来る本など

沢浩師のファクシミリは、「新版 ラリー・ジェニングスのカードマジック入門」に解説されています。

 

また、本人による演技と解説の映像としては、Steavens Emporiumから出ている「The Greater Magic Video Library Volume 43」に収録されています。

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (3 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • いじめ自体は悪なんだけど、子供社会の中でヨーイドンで共同生活を送り、いじめる側の立場を勝ち得る能力というのは、実社会で成功する力と一部共通するものがあるように思える。陽キャ的な性質というか。 だから社会的成功者の中にも、子供時代にそういう経験がある人は結構いるのでは。
    about 3か月 ago
  • 小山田氏については、日本人でさえ、間接的な情報からだけだとこれだけ違う印象を持ってしまうのだから、コバケンの過去の行為を英語の紹介記事でしか知らない世界の人が、どう感じるのかは想像に難くない。 そして、事実として残っていくのは、大多数の人がどう思ったか、ということが基本なのだ・・
    about 3か月 ago
  • 小山田氏の問題について、元の雑誌記事のスキャンが紹介されていたのを全文読んでみた。 彼がいじめをしていたことには間違いないのだけど、メディアの記事やブログの切り抜きで読むのと比べると、随分と印象が違った。
    about 3か月 ago
ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き