【カ行】カードマジックの用語集「カ~コ」で始まる言葉

カードマジック用語か行

ここではカードマジックの用語を紹介します。

 

人名・奇術の作品名や書名などは扱わないものとしますが、ジャンル名となっているような古典的な奇術名については扱うものとします。

基本とは言えない技法についても、もれなく扱うと膨大な数となるので、著者の主観にてある程度重要と思われる技法に絞って紹介します。

 

カで始まる言葉

カスケード

デック全体を湾曲させて、手から手へ一枚ずつ滝のように落とすフラリッシュ。スプリングとは異なり、カードを垂直にして落とすような動きであるため、連続した滝のように見える。

カット

デックやパケットをいくつかに分割して、その位置を入れ替える操作。

カット・ディーパー・フォース

デックを2回カットさせて、ランダムなカードを取らせたように見せる簡単なフォース。

カット・フォース

自由選択のように思わせてマジシャンの取らせたいカードを取らせる技法(フォース)のうち最も簡単と思われる方法。デックをカットさせてフォースする。

カード

日本語でいうトランプのこと。プレイングカード。

カード・インデックス

任意のカードを即座にポケットから取り出せるように組み上げられた仕掛け。

ガフ・カード(ギャフ・カード)

仕掛けのあるカードの総称。ギミック・カードと同義。

カラー・チェンジ

カードの主に表を変化させる技。必ずしも色が変化することを言うわけではない。

カル

デックの中にバラバラにある任意のカードを密かに1箇所に集める技法。スプレッド・カルが最も一般的。

 

キで始まる言葉

ギミック・カード

仕掛けのあるカードの総称。ガフ・カードと同義。

ギャンブラーズ・コップ

カードのパームの一種。ほぼディーリングポジションに近い位置でカードを保持する。

ギャンブラーズ・シャイナー

カードを密かに盗み見るために使われるギミック。

ギルブレス・プリンシプル

ノーマン・ギルブレスによって考案されたカードマジックの原理。マグネティック・カラーというマジックに使われて有名になった。

 

クで始まる言葉

クライスト・ツイスト

ハーフパスの一種で、カードの前後を入れ替える操作でカバーする。

グライド

ボトムカードを見せて、デックを裏返してボトムカードを引き抜く動作でスイッチする技法。古くからある技法だが、近年はあまり使われない印象。バリエーションである、サイド・グライドは比較的よく使われるように思える。

クラシック・フォース

自由選択のように思わせてマジシャンの取らせたいカードを取らせる技法(フォース)のうち最も古典的な方法。

クラシック・パス

パスのうちもっとも一般的で古典的なもの。デックの上下をひそかに入れ替える技法。

クラシック・パーム

オーディナリー・パームと同じ。普通のパーム。

クラブ

4つのスートのひとつ。三つ葉。クローバー。

クリス・クロス・フォース

カット・フォースと同じ。

クリップ・シフト

デックをビドル・グリップに持った状態でトップ(手のひら側)のカードを変化させる技法。カラーチェンジとしても、コントロールとしても使われる。チャド・ネルソンの考案。

クリンプ

カードに曲げ癖を付けて目印とする方法。ブリーザー・クリンプなどのバリエーションもある。

グリンプス

観客にはカードのフェイスを見ていないように思わせて、密かに盗み見る技法。ピークとも言う。

クローザー

一連の手順の最後に演じる演目のこと。また、トリにふさわしい力強さを持った演目のことを言う場合もある。

クロースアップ・マジック

カードマジックやコインマジックを含む、観客の至近距離で見せるマジックの総称。クロー”ス”アップと、スを濁らずに発音する。

クロースアップ・マット

クロースアップ・パッドとも言う。テーブル上でマジックを演じるときに、下に敷く敷物。
雰囲気作り以外に、コインなどを置いたときに音がせず、また品物を取り上げやすい利点がある。

 

ケで始まる言葉

K-Mムーブ

ダブルリフトに続けて用いられる技法で、余分なカードの処理やリバースに使われる。K-Mは、カルディロ・マルローの頭文字。トニー・カルディロとエド・マルローの考案。

ケリー・ボトム・プレイスメント

オベット・マスタームーブと同じ技法。デックを2つに分けた上半分のボトムカードを、密かにデックのボトムにコントロールする。

 

コで始まる言葉

極道おやじシステム

システムスタックの一種で、エイトキングシステムと同じく語呂合わせによる。

コスキー・チェンジ

3枚のカードのうち、真ん中のカードをすり替える技法。サンドイッチ系のマジックによく使われる。

コート・カード

絵札。J,Q,Kのカードのこと。

コーナー

カードの角のこと。

コントロール

カードをデック内の任意の位置に移動させたり集めたりする技法。例えば一番上へのコントロールはトップコントロールと言う。

コンビンシング・コントロール

エド・マーローの技法で、スプレッド・カルの変形技法。

客のカードをスプレッドから突き出したままで、すり替えてボトムにコントロールできる。

 

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (2 投票, 平均値/最大値: 3.50 / 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • @KotouchiS また、件の見せ方自体を"Freeman Display"と呼ぶようでもありますね。 https://t.co/LvGvhyhdKo フリーマンのムーブ自体の正確な形が分からず、メンドーサのノート自体も持っていませんので、詳しいことは分かりませんが……
    about 5日 ago
  • @KotouchiS 調べてみると、確かにフリーマンという情報もありますね。 MagicCafeの下記ページでは、フリーマンの技法だけども、彼は発表しなかったとあります。 https://t.co/AhvfATlMkP
    about 5日 ago
  • @rouis_ymgs @KotouchiS @Seven_Magica ここの動画の冒頭で行われているプロダクションがそうではないでしょうか。 https://t.co/83hzgvDaf7
    about 5日 ago

メルマガ登録

当サイトでは、記事の更新情報を週に一度、無料でメール配信しております。ご希望の方は以下からご登録ください。


 

ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き