【サ行】カードマジック用語集「サ~ソ」で始まる言葉

カードマジック用語集サ行

ここではカードマジックにおけるサ行の用語を紹介します。

 

人名・奇術の作品名や書名などは扱わないものとしますが、ジャンル名となっているような古典的な奇術名については扱うものとします。

基本とは言えない技法についても、もれなく扱うと膨大な数となるので、著者の主観にてある程度重要と思われる技法に絞って紹介します。

 

また、カードマジックだけでなく奇術全般に当てはまる専門用語は、カードマジックの項目に含めて記載します。

 

サで始まる言葉

サイド

デックを縦にした状態で、横の縁。長辺。

サイド・ジョグ

カードをサイド方向に突き出すこと。またその技法。

サイドスチール

デックのサイドから特定のカードを抜き出す技法。そのまま右手にパームしたり、トップにコントロールしたりする。

サイ・ステビンス・システム

一見バラバラな状態に見えて、実はあらかじめ仕込まれた特定の順番に並べる方法論をシステムという。サイ・ステビンス・システムは、このシステムの中でも最も古典的で有名なもののひとつ。

サッカー・トリック

マジシャンが失敗したと一旦思わせて、予想外の結末でマジックが成功するというトリックの総称。うまく演じないと、マジックが成功してもイヤミっぽくなるので注意。

いわゆるドヤ顔でこの種のマジックを演じることはおすすめできない。

サム・ブレーク

エンド・グリップ(ビドル・グリップ)で持った状態で親指で保持するブレーク。ピンキー・ブレークと並んで、最もよく使われるブレーク。

サムベース・ブレーク

ヒール・ブレークとも言う。デックやパケットをディーリングポジションに持った状態で、親指の付け根の肉でブレークをつくる。

サンドイッチ

2枚のカードの間に特定のカード(客が選んだカードなど)が挟まれて出現する現象の総称。

 

シで始まる言葉

シェイプシフター

カードを対角線で持ち、指先で弾くとビジュアルに他のカードに変化する、カラーチェンジ技法。マーク・デスーザの考案。

ジェミニ・カウント

ブラザー・ジョン・ハーマンの技法。4枚のうち2枚だけを見せて4枚に数えるフォールス・カウント。

シークレット・アディション

パケットの下に密かに別のカードを加える技法。他の多くの技法の下地ともなっている基本技法。

シークレット・サブトラクション

パケットのボトムのカードを密かにデックに処理(落とす)技法。

システム

デックを一見バラバラのように見せながら、実際にはあらかじめ仕組まれている順番のこと。何らかの記憶しやすい方法論に沿ったものとなっている。スタックとも呼ぶ。
主なシステムに、サイ・ステビンス・システム、エイト・キング・システム等がある。

シック・カード

ギミックカードの一種で、普通より厚いカード。

シーバー・カウント

5枚以上のカードのうち4枚を見せながら4枚に数えるフォールス・カウント。隠すカードと見えるカードの関係はアスカニオ・スプレッドと同じ。しかしシーバー・カウントでは順番が変わる。ジャック・エイビス”Jack Avis”考案。”Avis”を逆に読んで”Siva”としたのが、このネーミングの由来。

シフト

パスと同じ技法を指す言葉。デックの上下を密かに入れ替える技法。

シャリエ・パス

シャリエ(チャーリー)・カットや、単にワンハンド・カットとも呼ばれる。片手だけでデックの上下を入れ替える技法。

観客に見せる形で、普通のカットとして演じるのは比較的簡単だが、秘密技法のパスとして使うのは難しい。

ジョグ

ブレークとならび、カードのコントロールの基礎技法。

保持したい位置のカードを、デックの上下左右のいずれかに少し突き出させるもの。

ショート・カード

普通よりエンド方向が短いカード。ノーマルデックに混ぜて使われるほか、多くのギミックデックの基礎ともなっている。

 

スで始まる言葉

スイベル・カット

デックを手に持ったままカットする技法のひとつ。上半分を術者側から客側に向かって180度半回転させる動作で左手に取り、残りのデックをその上に乗せる。

スイング・カット

デックを手に持ったままカットする技法のひとつ。デックを右手ビドル・グリップに持った状態で中指または人差し指で上半分を分け、そのまま左サイドに突き出して、それを左手で取る。その上に右手の残り半分を乗せる。

スタック

カードを任意の場所・順番にセットすること。またはそのセットに組まれた状態のデック。

スタッド・ディール

カードを縦回転で表向けながら配るディール手法。スタッド・ポーカーから来ている名称。

ストライク・セカンド・ディール

セカンド・ディールのうち、左手の親指でトップカードのみを押し出して行う方法。

ストリッパー・デック

仕掛けのあるデックの中でもメジャーなもの。自由に混ぜた中から特定のカード(1枚でも複数枚でも)を簡単に抜き出すことの出来る仕掛けがほどこされている。

スナップ・チェンジ

1枚のカードを指先に持って弾くと、瞬間的にフェイスが変化する技法。エド・マーロー考案。

スナップ・ディール

カードをテーブルに配りながら、複数枚のカードを次々に消失させる技法。チェンジとしても使える。

スウェーデンのマジシャン、レナート・グリーンのオリジナル技法であり、彼の「レーザー・ディール」という演技で有名。

スプリング

デック全体を湾曲させて、カードが戻る反動の力によって手から手へ連続的に飛ばす、代表的なフラリッシュ。

スプレッド

カードを広げる技法。両手の間で行うスプレッドと、テーブル上で行うリボン・スプレッドがある。

スプレッド・カル

デックを両手の間で広げながら、特定のカードを集める技法。1枚でも複数枚でも、ボトムでも特定枚数目でもコントロールできる、自由度の高い技法。

スプレッド・カル・フォース

アンダー・ザ・スプレッド・フォースとも言う。スプレッド・カルをフォースに応用したもの。100%確実なフォース。

スプレッド・パス

デックを両手の間でスプレッドし、それを閉じるときにパスを行う技法。ポール・ルポール考案。

元々は、スプレッド・アンド・パスとして解説されたが、今日では省略してスプレッド・パスと呼ばれることも多い。

スペクテイターズ・ピーク

マジシャンがデックを持ったまま、カードを動かさないで分けた部分を観客に見せることによって覚えてもらう手法。
マジシャンがリフルしてストップをかけてもらう方法、観客自身に分けてもらう方法などがある。

スペード

4種類のスート(マーク)のうちのひとつ。通常は黒い色で印刷されている。カードゲームでは4種類の中では一番強いとされる。

スベンガリ・デック

代表的なギミックデックの一種。カードのフォースに使えるほか、観客が適当にカットしたところが常に同じカード、全部が同じカードに変化などといった現象を演じることができる。

スポット・カード

絵札とジョーカー以外の数字のカードのこと。

スライハンド

スライト・オブ・ハンドの略で、日本のマジック界でのみ使われる表現。手品における手先のテクニック全般のこと。

スリップ・カット

デックを普通にカットしたように見せて、実はトップカードが真ん中に移動するだけで、デックの大部分は変わらないというフォールス・カットの一種。これを行う前に余分なカードをトップに加えることで、普通にトップを維持するコントロールにも使える。

スリップ・カット・フォース

デックをリフルして適当にストップをかけてもらったところのカードが、フォースカードとなっている。100%確実なフォース。

スルー・ザ・フィスト・フラリッシュ

一枚のカードまたはパケットを、握りこぶしの中を通すマジカルジェスチャーのひとつ。

スロップ・シャッフル

トライアンフの一種に使われる、フォールスシャッフルの一種。

スワミ・ギミック

ネイル・ライターと同じ。直接カードマジックに用いられるものではないが、カードマジックに使われることも多いギミック。予言などのメンタルマジックによく使われる。

 

セで始まる言葉

セカンド・ディール

普通にトップからカードを配るように見せかけて、実際には2枚目を配る技法。主にストライクメソッドとプッシュオフメソッドがある。

セルバント

テーブルの手前に取り付けて、物を処理するのに使われる仕掛け。立ったままでもラッピングと同じようなことが出来る。

カードマジックに限らず、あらゆるマジックに使える。

セルフワーキング

「自動的に出来る」ということで、技法その他の特別な操作が不要で、手順のとおりに追いかければ自動的に出来るという意味。
ただし多少のケースバイケースや、記憶による計算などが必要な場合もある。

センター・ダブル・リフト

真ん中から1枚のカードを取ったように見せて、2枚重ねて取る技法。

センター・ディール

普通にトップからカードを配るように見せかけて、デックの真ん中から配る技法。ギャンブルテクニックの一種。

 

ソで始まる言葉

 

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (2 投票, 平均値/最大値: 3.50 / 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • おむつケーキはNG!? 実は「もらって嬉しくない出産祝い」5選 | It Mama(イットママ) https://t.co/uj7euC0WjW @ItMamajpさんから  おむつケーキって何かと思ったら、おむつのように見えるケーキではなく、ケーキのように見えるおむつ、なのね。
    about 3週間 ago
  • @KotouchiS また、件の見せ方自体を"Freeman Display"と呼ぶようでもありますね。 https://t.co/LvGvhyhdKo フリーマンのムーブ自体の正確な形が分からず、メンドーサのノート自体も持っていませんので、詳しいことは分かりませんが……
    about 1か月 ago
  • @KotouchiS 調べてみると、確かにフリーマンという情報もありますね。 MagicCafeの下記ページでは、フリーマンの技法だけども、彼は発表しなかったとあります。 https://t.co/AhvfATlMkP
    about 1か月 ago

メルマガ登録

当サイトでは、記事の更新情報を週に一度、無料でメール配信しております。ご希望の方は以下からご登録ください。


 

ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き