【デックレビュー】フェニックス・アポカリプス・デック Phoenix Apocalypse Deck

Phoenix Apocalypse Deck

Phoenix Apocalypse Deckというデックをレビューいたします。

 

これは、ドイツの奇術用品メーカーであるカードシャーク社によってプロデュースされたトランプです。

Apocalypseとはマジック雑誌の名前にもありますが、この製品名はそれとは異なり、「黙示」という意味の単語です。ヨハネの黙示録などの黙示ですね。世界の終わり、終末を指す言葉です。

 

カードシャーク社のプレイングカードのブランドとして以前よりPhoenixというシリーズがあり、その中の”2012 End of Days Limited Edition”として作られたのが、このPhoenix Apocalypse Deckという位置づけのようです。

 

ご存知の通り(?)、マヤ暦の記録によれば今年2012年の12月21日頃に世界が滅ぶことになっているという説があり、このデックはその終末説をモチーフとしたデザインとなっています。

マヤ暦がモチーフなので、デックのバックやジョーカー、絵札のデザインにもマヤ文明の意匠が取り入れられており、なかなか面白いデックです。

 

Phoenix Apocalypse Deckのケース

Phoenix Apocalypse Deckのケースデザインは、裏面がデックのバックデザインと同様のもので、表面はスペードのAのような模様の上下に、Phoenix Apocalypse 2012 End of Daysという文字が配された意匠となっています。

Phoenix Apocalypseカードケース表面

Phoenix Apocalypseカードケース表面

Phoenix Apocalypseカードケース裏面

Phoenix Apocalypseカードケース裏面

Phoenix Apocalypseカードケース側面

Phoenix Apocalypseカードケース側面

 

Phoenix Apocalypse Deckのデックレビュー

バックのデザインは、全体がモスグリーンと焦げ茶系のトーンで、マヤ文明の遺跡を思わせる模様や神々の姿などが配されたデザインです。

白枠がありますので、マジックでの使用には適しています。

さらに、このデザインはマークトデックにもなっています。比較的分かりやすいマークではありますが、瞬時に読み取るには多少練習は必要なレベルかと思います。

Phoenix Apocalypse Deckバックデザイン

Phoenix Apocalypse Deckバックデザイン

悪くないデザインではありますが、やはりグラデーションの多用と、ほぼ白地が無く図柄のみで埋められたバックは、ちょっと絵画的すぎて、個人的にはカードのバックデザインとしてはあまり好きではないですね。

もうちょっと平面模様的に白地に少ない色数で表現された「模様」のほうが、カードらしい気がします。

 

フェイスのスートは、ひび割れたようなテクスチャが付けられていますが、過剰にならない程度の装飾でオシャレな感じ。

インデックスの文字も少し独特です。

Phoenix Apocalypse Deckスポットカード

Phoenix Apocalypse Deckスポットカード

 

絵札は、動物を擬人化したようなキャラクターの横顔が、切り絵のようなデザインとなって描かれています。

これはマヤ文明の神々でしょうか。

写真にあるのはクイーンのカードですが、他の絵札はまた異なるキャラクターとなっています。

Phoenix Apocalypse Deck絵札

Phoenix Apocalypse Deck絵札

 

エースは、スペードが一番大きいのは普通ですが、他のハート、クラブ、ダイヤもかなり大きなピップとなっています。

これはPhoenixブランドの特徴でしょうか。デザインとしてのバランスは普通のバイスクルなどよりこっちのほうがいいかも。

各スートの中には、やはりマヤ文明らしき模様が埋められています。

Phoenix Apocalypse Deckエース

Phoenix Apocalypse Deckエース

 

ジョーカーの図柄は、これはマヤ文明の至高神”ククルカン”の図像だそうです。

2枚のジョーカーはどちらがエキストラという違いは無いのですが、唯一、片方の一枚のみがクラブのAのカードを手に持っています。

言うまでも無く、手品の演出に使用することを想定したものです。実際、これを使うマジックも解説されています。

Phoenix Apocalypse Deckジョーカー

Phoenix Apocalypse Deckジョーカー

 

Phoenix Apocalypse Deckにはさらにエキストラカードとして、下記のような2枚のカードが入っています。

1枚には「The End」、もう一枚には「The End is Near…」の文字が書かれています。

Phoenix Apocalypse Deck Endカード

Phoenix Apocalypse Deck Endカード

 

Phoenix Apocalypse Deckの紙質はバイスクルライダーバックと同じような硬さに感じました。

カードシャーク社プロデュースですが、USプレイングカード社製なので、エッジ裁断もきれいでマジックに適した品質です。

カードのエンボス加工も、近年のライダーバックと同じく、布目のようなハッチング状のエンボスとなっています。

Phoenix Apocalypse Deck エンボス

Phoenix Apocalypse Deck エンボス

Phoenix Apocalypse Deck エッジ

Phoenix Apocalypse Deck エッジ

 

Phoenix Apocalypse Deckの付属品

Phoenix Apocalypse DeckはPhoenixブランドの限定品デックということですが、デック単体ではなく付属品付きの販売となっています。

 

このデックをテーマにした1シートタイプの2012年カレンダーで、もちろんのこと12月21日以降の日付はありません。

たぶんこれ、12月21日までで終わっているカレンダー作ったら面白いんじゃない?っていうアイデアだけで作られたような気もします。

 

それと、最初のほうで書いたようにバックデザインがマークトデックになっており、この読み取り方の説明が、カレンダーの裏面に書かれています。

さらにこのデックにはジョーカーがトランプ持っていたりなどの工夫が仕込んであるのですが、これを利用した簡単なカードマジックが、カレンダーの裏面に解説されています。

 

「The Cross of KuKulKan」、「The End (Mayan Prediction Clock)」、「Learning Magic the Easy Way」、「The QR Prediction」の4つです。

これらはほぼセルフワーキングのような簡単なマジックですが、カードのデザインや小道具とストーリーが合致していますので、2012年終末説やマヤ文明の話などをしながら演じれば、面白いものになるだろうと思います。

 

4つのマジックの中で、とくに目新しいと思えたのは、「The QR Prediction」です。

実は、カードケースの底面には、小さなQRコードが印刷されているのです。

Phoenix Apocalypse Deck 底面のQRコード

Phoenix Apocalypse Deck 底面のQRコード

 

QRコードの読み取り機能を持つスマートフォンでこれを読み取ると、あらかじめ用意されたサイトにつながり、あるカードの数字とスートが表示される仕組みとなっています。

これを予言などのトリックに利用することが出来る、というわけですね。

ウェブサイトを手品商品の現象自体に利用するというアイデアは、なかなか目新しいのではないでしょうか。

 

いつも同じカードが表示されるという単純なものではなく、Tamariz Stackを利用した、なかなか巧妙なものとなっているようです。

 

最後に

付属している4つのマジックは、面白いものではあるのですが、経験のあるマジシャンが積極的に演じるほどか?というとそうでもないとは思います。

またデック自体もマジックを演じるのに充分な高品質ではありますが、様々に意匠を凝らした豪華なデックが多数販売され続けている昨今の状況の中では、その他大勢の1個という印象は否めません。

 

しかしまあ2012年というタイムリーな話題性もあり、マヤ文明や予言の話しに持っていくきっかけには充分な魅力のあるアイテムだと思います。

しっかりしたマジックにというよりは、ちょっとした話のネタに使えるかなってところでしょうか。

上の写真で示したQRコードの左側に、「2012年12月21日までにお使いください」と書いてありますから、是非機会を見つけて使ってみたいですね。

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (1 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • @t_aldehyde 紙の書籍やレポートのどこかにある文言を探すのに、つい「Ctl+F」で検索して~と考えてしまう現象に名称はあるでしょうか。できたらいいな、ではなく、たまに素で一瞬そう思ってることが。
    about 1週 ago
  • "生活が破綻する"8h労働を疑問視 #BLOGOS https://t.co/9bYclKCjey 2時間はさすがにあっという間すぎるけど、4~5時間くらいが集中もできて丁度いいのでは、とは前から思っている。それなら休憩も無くていい。
    about 3週 ago
  • 意味わかんない!「社会人としてありえない」有休取得の理由7つ!|「マイナビウーマン」 https://t.co/BaNIq8ba8w  これは、このような理由で有休を取ることがあり得ないのではなく、正直に会社に伝えるのがありえないと理解すべきかな。
    about 4週 ago

メルマガ登録

当サイトでは、記事の更新情報を週に一度、無料でメール配信しております。ご希望の方は以下からご登録ください。


 

ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き