【デックレビュー】モナークス Monarchs Produced by Theory11

モナークスMonarchs Deck

Theory11はビジュアル感の強いカードマジックや、デザイン的に凝ったトランプを多数リリースして人気のサイトです。

 

今回ご紹介のデック「モナークス”Monarchs”」は、そんなTheory11のラインナップの中でもとくにゴージャスな高級感あふれるデックです。

 

monarchsとは君主という意味で、このデックは王侯貴族のアイテムというデザインテーマでしょうか。
確かにそう言われても違和感のないほどのリッチな感じを受けるデックですね。

 

モナークスのケースデザイン

モナークスが他のデックに比べてとくに異なると感じるのは、カードケースのデザインです。
高級ブランデーやウイスキー納められている箱のような、ゴールドと黒を配したエグゼプティブな意匠。

モナークスMonarchs Deck

モナークス ケースの表面

 

モナークスMonarchs Deck

モナークス ケースの裏面

 

側面には、黄金のライオンなどの細かい意匠が施されています。

モナークスMonarchs Deck

モナークス ケースの側面

 

USプレイングカード社製ですね。

モナークスMonarchs Deck

モナークス ケース側面

 

ケース底面には、Theory11のロゴとマーク。
その横にはバーコードがありますが、若干線がつぶれています。これで読み取りできるのでしょうか?

モナークスMonarchs Deck

モナークス ケース底面

 

フラップ部分のシールは深い緋色。
ゴールド・ブラックとの対比がゴージャスな印象を与えますね。

モナークスMonarchs Deck

モナークス ケース上面

 

ちなみにケースのこの黒い色は印刷ではなく、紙の地色のようです。内部まで黒くなっています。
マットな質感のブラック紙の上に、メタリックなゴールドのインクで単色刷りされているということですね。

モナークスMonarchs Deck

モナークス ケースフラップ

 

ケースの裏面・表面ともに、デザインモチーフにエンボス加工が施されており、一層の高級感を演出しています。

モナークスMonarchs Deck

 

モナークスのデック

このデックの高級感はとくにケースに注力されているようで、中身のデックは(箱に比べれば)比較的シンプルな印象を受けます。
外箱のバックデザインと同じ裏模様で、黒の単色刷りですね。

モナークスMonarchs Deck

 

フェイス側の色調は、基本的にUSプレイングカード社の標準であるバイスクルなどと同一のピップ形状ですが、バイスクルよりは彩度を落とした色合いです。
スペードのAや絵札の黄色部分には、ゴールド系の色が配されていますね。
ジョーカーは、昔の自転車(ペニー・ファージング)に王様が乗っているイラストで、2枚とも同一のデザインです。
スペードのAもジョーカーも、飾りすぎずに白地をあえて多く見せているのが、かえってシンプルな高級感を与える感じですね。

モナークスMonarchs Deck

 

カードのエンボス加工はバイスクルなどと同系統の標準タイプ。
硬さは、バイスクルよりは硬めに感じました。

モナークスMonarchs Deck

 

モナークスのデザインモチーフ

またケースの話に戻りますが、モナークスのケースデザイン、シンプルな配色の中にも様々な意匠が施されています。
まったく個人的な印象に過ぎませんが、縦横の直線と少しの円弧や点で構成されたデザインは、どことなくアール・デコ調のイメージにも見えます。

モナークスMonarchs Deck

 

バックのデザインは、これは蛇と樹木、そして剣ですね。
やはり旧約聖書の智恵の蛇、生命の樹、炎の剣ということでしょうか。
神秘主義的なストーリーとともに使ってみるのも、面白いかも知れませんね。

モナークスMonarchs Deck

 

しかしまあ、全体的に高級感がすぎて、全くの普段使いに用いるのは躊躇してしまいます。
紳士淑女のためのデックってところかな。
今のところ自分には、このデックならではの演技をしているところは想像しにくいです・・・^^;

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (8 投票, 平均値/最大値: 4.63 / 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • Eric Chienのグランプリアクトは、明らかに、少し前に話題になったWill Tsaiの演技と同系統のギミックを用いていると思われるのだけど、そちらと比べると抵抗感は薄いというか、むしろ非常に美しく感動的だった。 この違いは何… https://t.co/vA2HaBhuWM
    about 1週間 ago
  • 最近、Eric Chienの受賞演技に横からコメントを付ける欧米人の動画が、やたらと目立つ気がする。何か理由があるのかな?私のところのCookieの影響? https://t.co/OmdXj4WqRQ
    about 1週間 ago
  • <承前>暗号通貨での決済が現金決済と同等以上に身近になり、ポイントやマイルも比較的自由に暗号通貨に交換できるような社会になれば、「現金」と「それ以外」の資産をここまで峻別する価値観は廃れていくのかな、とも思います。
    about 2週間 ago
ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き