「ワン・ダラー・コイン」”One Dollar Coin” コインマジックに用いられる大サイズの標準コイン

one dollar header

昔からコインマジックの世界では、アメリカの50セントコイン、ハーフダラーが標準コインとして広く使われてきました。
ワンコインルーティンとか、コインズアクロスなど、一種類しかコインを使わないマジックでは、まずハーフダラーを使う。そして、プロットによって材質や大きさ、形状の異なるコインが必要であれば、別のコインを併用する。これが基本パターンです。

今でもそのパターンは崩れてはいません。しかし、ポン太theスミス氏のDVD作品集「Sick」が発売されて以来でしょうか、ワンダラーコイン、すなわちアメリカの1ドルコインを常用の標準コインとして使用する人が、増えてきた印象です。
ポン太氏はスペルバウンドやワンコインルーティン、ウイングドシルバーなど、手の中で演じるコインマジックでは、ほぼ全てワンダラーを使われています。これがまた格好良い。

私はワンダラーを常用しては居ませんが、ハーフダラーとの対比で用いている手順がいくつかあります。以前に当サイトで紹介した、沢浩氏のワン・ツーワン・ツー・フォーなどがそうです。
また、通常の手順でも、サロン程度の距離感で、遠目にもコインの存在感を示したい場合には、ワンダラーを使うこともあります。

常用するにしてもポイント的に使うにしても、コインマジックを本格的にやるならば、ハーフダラーやイングリッシュペニーに加えて、ワンダラーも揃えておくべきコインのひとつです。
ここでは、マジックで使われる主なワンダラーコインを3種類紹介します。アイゼンハワー・ダラー、モルガン・ダラー、そしてアメリカン・シルバー・イーグルの3種です。これ以外に主だったものとしてはピース・ダラーがありますが、普通のワンダラーサイズの純銀コイン、という位置づけがモルガンと被るため、私は所有していません。

 

アイゼンハワー・ダラー

マジックで使われる1ドルコインの中では、アイゼンハワー・ダラーが最もベーシックなコインです。第34代アメリカ大統領、ドワイト・アイゼンハワーの横顔が刻まれています。アイゼンハワーの愛称から、アイク・ダラーとも呼ばれるコインです。
現在(2014年3月)の日本国内での価格は、大体1枚あたり800円程度のようです。

1971年から1978年まで製造されたコインで、これより後に作られたデザインの流通貨は、大きさが異なりかなり小さいため、マジックでは使われることはほとんどありません。

大きさは、約37.5mm、ハーフダラーより7mmほど大きいわけですが、かなり大きい印象です。日本人的感覚で言えば、コインというよりメダルです。

isen dollarsこの写真の、左が表、下が裏面です。アメリカの国鳥であるハクトウワシが、月面に着陸しているシーンの絵になっています。
右側のコインも同じアイゼンハワー・ダラーの裏面ですが、これは1975年から1976年まで作られた、アメリカ建国200周年記念のコインです。自由の鐘と月のデザインだそうです。

 

three coinsワンダラーと、ハーフダラー、イングリッシュペニーを並べたところ。(ワンダラーは同じサイズのモルガン・ダラーです)
サイズ比はこのような感じです。

 

モルガン・ダラー

アイゼンハワー・ダラーはハーフダラーのケネディ・ハーフダラーと同時期に作られたコインで、材質や製造法も同様です。つまり、俗にサンドイッチコインと呼ばれるように、銅とニッケル合金の貼り合わせで作られたものです。従って、側面には銅が見えていますし、光沢や重さ、手触りや音なども、銅貨のそれです。

以前にウォーキングリバティバーバーコインの記事で述べたように、コインマジックに凝ると、サンドイッチコインでは飽き足らず、純銀(コインシルバー)のコインを愛好するようになる人が多いです。そんな人にとって、純銀のハーフダラーと組み合わせて使うには、アイゼンハワー・ダラーでは不都合なのです。

そのような需要に応えるコインとして、モルガン・ダラーやピース・ダラーがあります。
ここで紹介するモルガン・ダラーは、時期的にはバーバー・ハーフダラーと同時期のコインです。約100年ほど前のコインです。
現在(2014年3月)の日本国内での価格は、大体1枚あたり3000円程度のようです。状態や希少性によって、コレクション的なプレミアムが付く場合はもっと高くなります。

morgan写真で左が表、右が裏面です。表面は女神の横顔、裏面はアメリカのコインでは共通のハクトウワシです。
大きさは、アイゼンハワー・ダラーと同じ直径約37.5mmです。

 

one dollar coins古いコインで、なおかつ銅貨に比べれば柔らかい材質の銀なので、コインの状態にはバラツキがあります。
以前にハーフダラーの記事で述べた、いわゆるソフトコイン状態のものも、モルガン・ダラーには存在します。マジシャンが人工的にソフトコイン加工をする場合も、ワンダラーで作成する場合はモルガンダラーが用いられることが多いでしょう。上の写真はそのようなものです。

 

アメリカン・シルバー・イーグル

最後に、流通貨ではありませんが、マジックに用いられることもあるワンダラーコインを紹介します。
アメリカン・シルバー・イーグルというコインで、これは地金型銀貨と呼ばれるものです。価格は銀の相場によって変動します。
最近だと1枚5000円以上するようです。

american silver eagle同じ1ドルコインですが、すでに紹介した通常の1ドルコインよりも少し大きいです。約40.2mmほどあります。普通のワンダラーをある程度見慣れた眼にも、これはメダルに見えます。
上の写真で左が表、右が裏面です。表には歩く自由の女神、裏面にはハクトウワシを紋章化した、アメリカの国章が描かれています。

このアメリカン・シルバー・イーグルをマジックに用いることでの、ひとつの特徴的な点は、表のデザインがウォーキング・リバティと同じであることです。この点は、ウォーキング・リバティと組み合わせて、分裂や変化などを演じるのには好都合な点かと思います。細かい部分ではありますが。

 

各種ワンダラーの厚み比較

最後に厚みの比較です。まずはワンダラー(モルガン)とハーフダラー(ウォーキングリバティ)の比較。

coin atsumiワンダラーのほうがだいぶ厚いです。ハーフダラーの、約1.3倍といったところでしょうか。
モルガン・ダラーのあまり磨耗していないものの厚みを測ってみたところ、1枚あたり約2.6mmでした。ハーフダラーは約2mmです。

 

one dollar atsumiワンダラー同士の厚み比較。
ほぼ同じ程度ではありますが、アイゼンハワーが最も薄く、シルバー・イーグルが最も厚いです。アイゼンハワーが1枚約2.4mm、モルガンが約2.6mm、そしてシルバー・イーグルが約2.8mm。
直径も厚みも大きく、銅よりも比重の大きい銀で出来たシルバー・イーグルは、手に持ったときの感触もずっしりと重たいです。
あと上の写真では、アイゼンハワー・ダラーの側面のサンドイッチ状態も観察できるでしょうか。

 

ワンダラー・コインを用いることの利点と欠点

ワンダラーコインをレギュラーのコインとして用いる場合の、ハーフダラーと比較した利点と欠点について考えてみます。
まず利点からです。

まず、大きくて見栄えがする点が挙げられます。やはり7mmの差は大きいです。10m以上も離れて多数の観客相手に演じる場合、ハーフダラーでは少々貧弱な印象があるかも知れません。ワンダラーであれば見た目にもアピールしますし、ぶつけた時などの音も大きいです。

技法的な利点もあります。コインが大きいことによって、あまり指を曲げずに済むので、おそらくフィンガーパームなどは自然に見えるでしょう。さらに利点というより、例えばポン太氏の技法には、ワンダラーでなければ出来ないものもあります。
リテンション・バニッシュでも、コインの大きさによって、ハーフダラーよりも残像効果が際立ちます。(難易度は多少上がるかも知れませんが)

 

逆に欠点と言いましょうか、ワンダラーではどうしても不都合な技法などもあります。例えば、よほど大きな手の人でない限り、ワンダラーでパースパームは厳しいでしょう。
また、その大きさゆえに、手に隠す際の物理的限界もあります。ハーフダラーであれば、5枚6枚をクラシックパームするような手順は普通にあり、場合によっては10数枚隠すようなこともあります。
しかしワンダラーでは、6枚もパームすれば一杯一杯ではないでしょうか。

コインアセンブリ系統のマジックでは、カードに対する大きさの割合が問題となります。ハーフダラーであれば、ポーカーサイズのカード1枚の下に、4枚が何とか完全に隠れます。しかし、ワンダラーが完全に隠れるのは、せいぜい2枚です。もっとも、これは欠点とも利点とも言い切れませんが。

card and coins
また全体的な話として、最初に述べた「目立つ」という利点と表裏一体の欠点として、その大きさゆえに、単純に色んな場面でフラッシュ(見えてはいけないものが見えること)しやすいという面もあります。

 

私は基本はハーフダラーを使い、ワンダラーを常用はしていません。しかし場合によっては、これをレギュラーとして複数枚使うような場合もありますので、各種4枚ずつは持っています。
今までハーフダラーを使っていて、これからワンダラーを揃えてみようという人は、まずは1~2枚入手すれば、ハーフダラーと併用するようなマジックは大抵カバーできるのではないでしょうか。

 

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (9 投票, 平均値/最大値: 4.44 / 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • @KotouchiS また、件の見せ方自体を"Freeman Display"と呼ぶようでもありますね。 https://t.co/LvGvhyhdKo フリーマンのムーブ自体の正確な形が分からず、メンドーサのノート自体も持っていませんので、詳しいことは分かりませんが……
    about 7日 ago
  • @KotouchiS 調べてみると、確かにフリーマンという情報もありますね。 MagicCafeの下記ページでは、フリーマンの技法だけども、彼は発表しなかったとあります。 https://t.co/AhvfATlMkP
    about 7日 ago
  • @rouis_ymgs @KotouchiS @Seven_Magica ここの動画の冒頭で行われているプロダクションがそうではないでしょうか。 https://t.co/83hzgvDaf7
    about 7日 ago

メルマガ登録

当サイトでは、記事の更新情報を週に一度、無料でメール配信しております。ご希望の方は以下からご登録ください。


 

ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き