【ナ行】コインマジック用語集「ナ~ノ」で始まる言葉

コインマジック用語集ナ行

ここではコインマジックにおけるナ行の用語を紹介します。

 

人名・奇術の作品名や書名などは扱わないものとしますが、ジャンル名となっているような古典的な奇術名については扱うものとします。

基本とは言えない技法についても、もれなく扱うと膨大な数となるので、筆者の主観にてある程度重要と思われる技法に絞って紹介します。

 

また、コインマジックだけでなく奇術全般に当てはまる専門用語は、カードマジックの項目に含めて記載します。

 

コインマジックの用語でナ行の言葉は少ないですね。

「ニューセオリー~○○」っていうような技法はいくつかありますが、それほど一般的なものとも思えないので・・・

人名やマジック作品名以外で他に押さえておくべき言葉があれば、お知らせいただければ幸いです^^;

 

ネで始まる言葉

ネスト・オブ・ボックス

大きさが少しずつ異なる幾つもの箱が、入れ子状に重ねられたもの。
消えたコインがこの一番奥の箱から出てくるという現象を見せる。

 

ノで始まる言葉

ノーウェア・パーム(Nowhere Palm)

ジェフ・ラタによる技法で、薬指のカールパームを用いたディスプレイの一種。

 

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • いじめ自体は悪なんだけど、子供社会の中でヨーイドンで共同生活を送り、いじめる側の立場を勝ち得る能力というのは、実社会で成功する力と一部共通するものがあるように思える。陽キャ的な性質というか。 だから社会的成功者の中にも、子供時代にそういう経験がある人は結構いるのでは。
    about 3か月 ago
  • 小山田氏については、日本人でさえ、間接的な情報からだけだとこれだけ違う印象を持ってしまうのだから、コバケンの過去の行為を英語の紹介記事でしか知らない世界の人が、どう感じるのかは想像に難くない。 そして、事実として残っていくのは、大多数の人がどう思ったか、ということが基本なのだ・・
    about 3か月 ago
  • 小山田氏の問題について、元の雑誌記事のスキャンが紹介されていたのを全文読んでみた。 彼がいじめをしていたことには間違いないのだけど、メディアの記事やブログの切り抜きで読むのと比べると、随分と印象が違った。
    about 3か月 ago
ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き