コインマジック

【ア行】コインマジック用語集「ア~オ」で始まる言葉

ここではコインマジックの用語を紹介しますが、人名・奇術の作品名や書名などは扱わないものとします。しかしジャンル名となっているような古典的な奇術名については扱うものとします。

基本とは言えない技法についても、もれなく扱うと膨大な数となるので、著者の主観にてある程度重要と思われる技法に絞って紹介します。

 

アで始まる言葉

アングル・パーム

カードマジックでも使われるが、コインマジックの場合は主にジャンボコインで使われる。

イで始まる言葉

インプ・パス

膝の上など、観客から見えないテーブルの手前に処理したコインを、密かにテーブル上の手に戻すテクニック。カードマジックなどでも使われる。

インポシブル・マトリクス

アメリカのクリエイター、ジョン・ケネディの商品。技法無しで簡単に不可能なコインの移動を演出できることから、多くのマジシャンが演技に取り入れている。

 

ウで始まる言葉

ウィルソン・パーム

JWグリップの項目参照

ウォンド

コインマジックに限らず使用される小道具。棒状の杖。

エで始まる言葉

エキスパンデッド・シェル

シェルとは貝殻の意味。普通のコインにかぶせると1枚のように見える、裏側をくり抜いたコイン。その中でもエキスパンデッド・シェルとは、加工を施していないノーマルコインにかぶせることが出来るように、少し押しつぶして直径を広げてあるものを言う。

エッジ・グリップ

デビッド・ロスによって考案された技法。エッジで保持するというコンセプトにおいて、ダウンズ・パームと似た傾向の技法である。これを使った代表的な作品は、デビッド・ロスのハンギング・コイン。

エッジ・パーム

クラシックパームと似た位置で、コインを手のひらに対して垂直に立てた状態で、エッジ(縁)を保持するパーム。

 

オで始まる言葉

オキト・ボックス

プロマジシャンのオキト(セオ・バンバーグ)が考案したコインマジックの道具。コインがぎりぎり収まる直径の丸い容器で、通常は4枚で満杯になる。オキトが考案した奇術は、コインを入れたボックスをコップの上のカードに乗せて、上から突くとコインがコップの中に落ちるという、比較的単純な現象であった。
その後デビッド・ロスやマイケル・ルービンシュタインなどのコインマンにより、多くの現象が考案された。

オコルト・ボックス

オキトのコインボックスは、数多くの派生品を生み出したが、オコルト・ボックスはその中でも特殊な部類である。ミルトン・コルト(Milton Kort)によって考案されたセットで、オキトボックス、ボストンボックス、内径の小さいオキトボックスの3つのセットから成る。

関連記事

  1. コインマジック用語集マ行

    【マ行】コインマジック用語集「マ~モ」で始まる言葉

  2. コインマジック用語集ナ行

    【ナ行】コインマジック用語集「ナ~ノ」で始まる言葉

  3. 【ヤ・ラ・ワ行】コインマジック用語集「ヤ行、ラ行、ワ行」で始まる言葉

  4. コインマジック用語集ハ行

    【ハ行】コインマジック用語集「ハ~ホ」で始まる言葉

  5. コインマジック用語集サ行

    【サ行】コインマジック用語集「サ~ソ」で始まる言葉

  6. コイン用語集カ行

    【カ行】コインマジック用語集「カ~コ」で始まる言葉

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP