「奇妙な小銭入れ」 デビッド・ロス ”Acentric Purse” by David Roth パースフレームを使ったコイン出現

purse s

パースフレームとは、がま口財布の、口金だけの部品のことです。
袋の部分が無い部品ですから、もちろん財布としての機能はありませんが、その見た目の面白さとナンセンスな感じから、マジックではよく使われます。
そもそもがま口財布自体、最近では使う人も少ないですから、その口金といってもなかなか日常では見ないかも知れませんね。

 

マジックでパースフレームを使う場合はもちろん、袋が無い状態にも関わらず、口金を開けると中から物が出てくるという現象で使われます。
やはり財布というイメージから、コインマジックで使われることが多いですが、それ以外にスポンジボール等でも使われますね。

 

このあたりは、アメリカのクロースアップマジックの達人、アルバート・ゴッシュマンの影響によるところが大でしょう。
彼の十八番である「塩と胡椒の瓶」では、パースフレームから大小のコインが出たり、スポンジボールその他が出たりと、変幻自在の演技が繰り広げられました。
テンヨーから売られている「スーパースポンジボール」のセットにも、パースフレームが付属していますね。

 

そんな感じで、クロースアップマジックとの関係が深いパースフレームという素材ですが、これをシンプルな形で使った手順はということで探してみると、意外と発表された作品は少ない印象もあります。
ゴッシュマンの演技は有名ですが、あまりにバリエーションに富んで変幻自在すぎて、手順としてシンプルに切り取ることが難しいです。

 

そんな中で、現代コインマジックの第一人者であるデビッド・ロスの作品の中から、とくにコインとパースフレームのみの道具立てで、シンプルにまとまった作品「奇妙な小銭入れ」”Acentric Purse”を紹介してみます。
リチャード・カウフマン著「COINMAGIC」(邦題:世界のコインマジック)掲載作品です。

 

デビッド・ロスの「奇妙な小銭入れ」

動画をアップしてありますので、よろしければご覧ください。

 

[ktaicontent]>>動画リンク<<[/ktaicontent]

 

デビッド・ロスのパースフレームを使用する作品といえば、大作のひとつポータブル・ホールが特に有名です。
あちらの作品は、パースフレームと「穴」を連携させながら、比較的複雑な現象を見せてゆくマジックです。

 

それに対してこの「奇妙な小銭入れ」は、パースフレームとコインさえあればすぐに出来る、シンプルな手順です。
とくにマットの有無もそれほど問わず、立っていても座っていても演じられるのも便利なところです。

 

さらに、パースフレームから4枚のコインを”出す”だけの手順なので、コインマジックルーティンの中のオープナーとして、4枚のコインを使う他のコインマジックに容易に繋げることが出来ます。
普通のコインズアクロスやスルー・ザ・テーブルに繋げてもいいですし、パースフレームを一旦ポケットにしまう動作を絡めれば、エキストラやSなどをスチールすることも容易ですから、自由度は高いですね。

 

ただ、この手順はどちらかといえば、多少難しい部類かと思います。
ハンギング・コインと同様の技法を使うのですが、全体的には、普通のハンギングコインよりは「奇妙な小銭入れ」のほうが少々難しいような感覚です。
演技の角度的な問題については、同じ技法を使いますから、ハンギング・コインと同様かと思います。

 

「奇妙な小銭入れ」作品の名称について

「COINMAGIC」では、題名が”Acentric Purse”となっています。
“Acentric”というのは聞きなれない単語ですが、調べてみたところ、「動原が無い」「中心が無い」というような意味らしいです。
日本語訳を聞いても、何だかよく分からない言葉ですが、ここでは財布の袋・中身が無い、という意味合いを示しているのでしょうか。

 

しかし、訳本である「世界のコインマジック」では、日本語の題名として「奇妙な小銭入れ」と訳されています。
“Acentric”が「奇妙な」という意味であるという情報は見つかりませんでした。
中身が無い財布だから奇妙だ、という単なる意訳でしょうか。

 

ひとつ連想したのは、語感が似ている”Eccentric”という単語です。
この単語であれば、まさにそのまま「奇妙な」という意味で間違いはありません。
「奇妙な小銭入れ」という和訳は、”Acentric”が”Eccentric”の誤記であるとの判断によるものなのでしょうか。
分かりませんが、そんな感じがいたします。

 

デビッド・ロスの「奇妙な小銭入れ」を解説した文献等

この作品は、リチャード・カウフマン著「COINMAGIC」に掲載されました。
日本語では、この本を邦訳した本の1冊である、「世界のコインマジック」(2ではない方)に収録されています。

よろしければ、この記事に対しての評価をお願いします。 
最低イマイチ普通良い最高 (6 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので、お気軽に「ポチ!」をお願いします。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Books

Twitter

  • いじめ自体は悪なんだけど、子供社会の中でヨーイドンで共同生活を送り、いじめる側の立場を勝ち得る能力というのは、実社会で成功する力と一部共通するものがあるように思える。陽キャ的な性質というか。 だから社会的成功者の中にも、子供時代にそういう経験がある人は結構いるのでは。
    about 3か月 ago
  • 小山田氏については、日本人でさえ、間接的な情報からだけだとこれだけ違う印象を持ってしまうのだから、コバケンの過去の行為を英語の紹介記事でしか知らない世界の人が、どう感じるのかは想像に難くない。 そして、事実として残っていくのは、大多数の人がどう思ったか、ということが基本なのだ・・
    about 3か月 ago
  • 小山田氏の問題について、元の雑誌記事のスキャンが紹介されていたのを全文読んでみた。 彼がいじめをしていたことには間違いないのだけど、メディアの記事やブログの切り抜きで読むのと比べると、随分と印象が違った。
    about 3か月 ago
ページ上部へ戻る

 

 

ラペルズギルド 自炊と食べ歩き